みなさん、RPAをご存知ですか?今ArinosでもRPAに注力している最中です。これからどんどんテクノロジー化が進む今RPAは知っていて当たり前になってきます。またこれから案件で関わることが多くなってくるかもしれませんね。

RPAとは?

ロボスティック・プロセス・オートメーションの略であり、AIや機械学習のように高性能な認知技術を用いり実現する、業務の効率化や自動化に向けた取り組みやソフトウェアロボットのことをさす言葉です。RPAはデータ入力や情報チェックなど、これまで私たちが手作業で行っていた多くの業務を、認知技術を取り入れたロボットに代行してもらうことにより、業務の大部分を効率化や自動化する取り組みです。また、業務処理などの作業をRPA化する取り組みの他に、RPAツール本体やRPA業務自動化ソリューションと言ったサービスを略してRPAと呼ぶこともあります。

RPAを活用するとどうなるの?

できること・できないこと

現在一般的なRPAのツールは以下のようなものがあります。

・キーボード、マウスなどのパソコン操作の自動化
・画面に表示される文字列、図形や色の判別
・ID、パスワードなどの自動入力処理
・アプリケーションの起動と終了
・スケジュールの設定
・ノンプログラミングによる作業手順の設定
・データの整理、分析
・社内システムと業務アプリケーションのデータ連携
・異なるシステムのアプリケーション間のデータ受け渡し
・条件分岐設定やAI機能によるエラー処理、自動応答
などが挙げられます。

ではできないことはあるのでしょうか。
ロボットアームなど専用のハードウェアを持ち合わせていないため、物を運ぶ、組み立てるなどのアナログ作業は行うことができません。また現在AIによる意思決定は実用化に向けた取り組みが進められており、現段階では実務レベルで活用することはできていません。

メリット

活用することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

・大量の作業を素早く行うことができる。
・作業の精度が高く、またエラーがほとんど発生しない。
・休みがいらない。
・作業内容の変更にすぐ対応できる。
・不満やストレスを感じることがない。
・人間トラブルが発生しない。

など人間において生じる様々な問題もRPAを活用することによって解消されます。また生産性やコスト面、また顧客満足にもつながります。

RPAと共存?

RPAを導入することによって人間の仕事を取られるのではないかという声を挙がっています。しかしRPAと上手く共存することで効率化や生産性が上げられるのです。
例えば…
・創造的な業務は人間が行い、入力作業などはRPAが行うことによって組織の最大化されます。
・RPAがバックオフィス業務全般を行うことによって人間は顧客のサポートに注力できます。
・これまで人手不足でできなかった新規事業やプロジェクトを行うことができます。

このようにネガティブに捉えるのではなくポジティブに考えることによって様々な利点があります。

まとめ

コンサルタントも開発者もこれからどんどんRPAに関わることが増え、また独立している方は導入を検討しているかもしれません。RPAを導入することで効率化や生産性だけではなく従業員や顧客の満足度にも繋がるといいですね。

引用元: https://bizhint.jp/keyword/108921