Arinosのキャリアパートーナー事業部でも行なっているSES事業。エンジニアやコンサルタントの方は一度は聞いたことがあると思います。独立してフリーランスを考えている人にとっては知っておくべき情報です。知っている方も詳しく知らない方も必見です!

SESってなに?

SESはシステムエンジニアリングサービスの略です。ソフトウェアやシステム開発、保守、運用などに関わるIT技術者を対象とし、企業は技術者の工数や能力に足して見合った報酬を支払います。また働き方は様々で企業のオフィスへの常駐がほどんどですが受託というケースもあります。スキルとして開発言語やデータベース、OSの種類などが問われ、一つでも多くのスキルがある事で企業からの需要が上がり、幅が広がります。また即戦力を求められるので知識と経験がないと難しいでしょう。

SESのメリット・デメリットって?

メリット

・技術者
技術者にとって出向先によって様々な案件に携わるのでスキルアップに繋がります。また自分の関わりたい、学んでみたい分野にも挑戦できるのでモチベーションも高まるでしょう。そして多くの人と出会うことによって知識や価値観などの幅も広ります。
・発注側企業
また企業にとっては人材の採用と育成のコストがかからないために費用を削減できます。

その他、技術者にとってっも企業にとってもSES契約によって平等な関係を実現してくれる契約形態です。

デメリット

・技術者
契約先が変わるごとに面接を数回受けなければならず、また環境の変化によってストレスを感じることもあります。技術力だけではなく適応能力も求められます。
・発注側
SES契約に限ったことではありませんが、企業側が技術者に対し契約の延長を求めたとしても技術者が望まない限り継続できない可能性があります。

SES契約と派遣契約の違いは?

派遣契約も技術者と企業側で多くみられる契約形態の一つとなっています。
SES契約は客先に受注し業務を提供し、また報酬は作業をした時間に対して支払われ、成果物に対しての責任はありません。
しかし派遣契約になるとプロジェクトの成功のために派遣され、プロジェクトが終わると任務も終了となります。成果物に対して報酬が支払われます。
また指示においても、SES契約だと発注側の企業は具体的な作業の指示をしないことが条件としてありますが、派遣契約になると発注側が指示をします。
このように一見同じように見せるSES契約と派遣契約ですが様々な違いがあることがわかりますね。

まとめ

IT業界ではエンジニアなどの人材不足が慢性化していると言われています。またスキルと経験がものをいうこの業界でSESを利用し少しずつスキルと経験をつみ上げていくことも可能です。ArinosもSES契約だけに留まらずその後のフォローなど末長いお付き合いができるように心がけているので、興味ある方はぜひご連絡下さい!

引用元: https://www.innopm.com/blog/2016/06/14/106188/