みなさんはビジネスシーンにおいてNGワードを心得ていますか?コミュニケーションをとることが多いみなさんにとってこれはとても重要なことですよね。もしかするとうっかり使っているものもあるかもしれません。今一度ビジネスNGワードについておさらいしましょう。

NGワード

では一体どんなNGワードがあるのでしょうか。敬語のつもりで使っている言葉、実はNGワードかもしれません。

・了解しました
これは敬語ではないばかりか、了解とは上の者が下の者に使う言葉です。
■正解は
かしこまりました。/ 承知いたしました。
・もうすぐ
ついつい言ってしまってはいませんか?
■正解は
まもなく
・ご苦労様です。
上の者から下の者に対してかける言葉なので上司に対して使ってはいけません。
■正解は
お疲れ様です
・すいません。
ついつい言ってしまう言葉の一つではないでしょうか。すみませんの口語調として広まったものです。ビジネスシーンではすみませんもNGになることがあるので気をつけましょう。
■正解は
謝る時:申し訳ございません。
礼を言う時:ありがとうございます。
・少々お待ち下さい。
少々という単語は間違ってはいませんが、命令文に用いられることが多いので少しなどを使用した方が良いでしょう。
■正解は
少し

敬語だと思って使っていた言葉、またついつい言ってしまう言葉、様々あると思います。しかしちょっとした言葉の違いで印象を悪くし兼ねません。

成り立っていない言葉

日本語として成り立っていると思って使っている言葉、実は日本語としても間違っているかもしれません。

・よろしかったでしょうか。
過去形を使っているのですでに確認済みということになってしまいます。
■正解は
よろしいでしょうか。
・〜の方でよろしいでしょうか。〜の方お願い致します。などの”〜の方”
これはよく耳にするかもしれません。〜の方が文法的に間違っているので取り除きましょう。
■正解は
〜でよろしいでしょうか。〜でお願い致します。

間違って使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。接客業の方の日本語はとても綺麗なことが多いので注意深く聞きマネをしてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

気づかずに使ってしまっていた言葉、またついつい言ってしまいがちなものもあったのではないでしょうか。言葉の使い方一つであなたの印象も変わります。ビジネスシーンにおいてしっかりした敬語を使えるよう日頃から意識して置きたいですね。余談ですが、接客業をしていた頃は】「1万円からお預かり致します」→「1万円お預かり致します」「こちらの方にご記入お願い致します」→「こちらにご記入お願い致します」などストアマネージャーに何度も注意せれていたことを思い出しました!