みなさんは日頃食生活に気をつけていますか?適度な運動を行なっていますか?
多忙な毎日を送っている中なかなか自分自身の体と向かう時間が取れていないかもしれません。体を壊してしまってはどうもこうもありません。他人事ではない生活習慣病について詳しくみていきましょう。

生活習慣病とは?

・原因
生活習慣病はその名の通り、生活習慣が原因となり発症する疾患です。偏った食事、運動不足、過度な飲酒やストレス、喫煙などの習慣が積み重なることによって発症リスクが高まります。

・病気
では実際どのような病気があるのでしょうか。
食生活:インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高尿酸血症、循環器病(先天性のものを除く)、大腸がん(家族性のものを除く)、歯周病等
運動習慣病:インスリン非依存糖尿病、肥満、高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧病
喫煙:肺扁平上皮がん、循環器病(先天性のものを除く)、慢性気管支炎、肺気腫、歯周病等
飲酒:アルコール性肝疾患等

このように習慣によって様々な病気が発症しやすくなります。

生活習慣病が進行するとどうなるのか?

・要介護
日本人が介護必要となる状態の原因は何が一番多いかご存知ですか?男性No. 1は脳卒中、女性No. 1は認知症(No.2は脳卒中です)です。また要介護度が高くなるにつれ脳卒中の割合も増えているとの報告されています。実はこの脳卒中ですが、高血圧と動脈硬化との関係が深いことがわかっています。つまり血圧や脂質値を適切にコントロールすることで動脈硬化を抑えることで脳卒中の発症リスクが低下される可能性があります。

・死因
日本人の死因で最も多いもの第1位はがん(悪性新生物)であり、がんで死亡する人の割合は年々増加しています。そして第2位には心疾患となっています。心疾患は生活習慣病に関係する疾患であり、他には第4位に脳血管疾患(脳卒中)となっています。生活習慣病に関係する要因の2疾患で約1/4を占める結果です。

このように生活習慣病が進行することによって様々なリスクが増加していきます。もはや自分だけの問題ではありません。では予防するためにはどうしたらいいのでしょうか。

生活習慣病を予防するには?

・運動
普段から体を動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、足腰の痛み、うつ、認知症などによるリスクを減少させます。何か趣味でスポーツをやるのが一番いいですが、時間がない方やスポーツがあまり好きではない方は、普段より大股で早歩きをしてみたり、一駅分歩く、電車やバスでは座らないなど少しのことを長く継続してみて下さい。最初はきついかもしれませんが時間をかけずにできることなので取り入れやすく続けやすいと思います。しかし無理は禁物です。仕事に影響が出ない程度に始めてみましょう。

・食生活
自分自身の今の食生活を見直してみましょう。三食バランス良く取ることが一番の理想ですが、多忙なみなさんは外食が続いてしまうことも少なくないと思います。そんな時が単品だけでハンク、副菜や汁物もプラスで食べるようにしましょう。体重は健康と栄養状態の目安でもあるので、しっかり管理することが重要です。太り過ぎは循環器疾患、糖尿病などの生活習慣病の原因となります。また痩せすぎも若い女性では骨量減少や低出産のリスクがあります。自分の適正体重を知り、維持するようにしましょう。

・飲酒
アルコールの体への影響は肝臓だけではありません。アルコールは主に小腸から吸収されたのち血液中に入り、全身に染み渡ります。影響は全身に及び、様々な健康障害をもたらすのです。がんや脳萎縮、うつ病などが挙げられます。付き合いなどで飲むことが多いと思いますが、アルコールは美味しく節度ある程度に心がけましょう。

・喫煙
タバコ、これはご存知の通りやめるに越したことはありません。長年喫煙されていてもやめると24時間以内に心臓発作の危険性が減り、1年後には肺機能の改善が見られ、また5年以降は肺がんの危険性も低下し始めるなど確実に健康の改善につながります。

このように普段の生活を少し気をつけるだけで健康改善され生活習慣病の発症リスクも抑えることでできます。飲酒や喫煙は付き合いもあると思うのでなかなか難しい面があるかもしれませんが、自分の意思次第で変えられることでもあります。

まとめ

身近に潜んでいる生活習慣病。しかし自分自身の意思で発症リスクをぐんと減少できます。もし病気にかかってしまったら自分だけの問題ではなくなってくるケースもあります。夜間までお仕事をされるコンサルタントや開発者の方は特に不規則な生活になってしまいがちなので今一度見直す必要があるかもしれません。今だからこそできる予防、始めて見ませんか?

引用元: http://www.sageru.jp/lsd/check/
引用元: http://www.smartlife.go.jp/disease/