インフルエンザまだまだ猛威を振るっていますね。街中でもマスクをしている人を多く見かけます。インフルエンザにかかるとドクターストップがかかってしまうため、仕事に穴をあけてしまう事になり、同僚にもお客様にもご迷惑がかかってしまいます。もちろん自分自身も辛いですよね…。インフルエンザ予防する事である程度防げるので、あともう少しの冬、インフルエンザシーズンを乗り切りましょう!

知っているようで知らないインフルエンザ

風邪とインフルエンザの違い

・風邪
一般的に風邪は様々なウイルスなどの感染によって起こり、鼻水、咳、喉の痛みなどの症状が一般的です。また発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化する事も多くありません。
・インフルエンザ
インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって起こり、38度以上の発熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感などの症状が急速にあらわれます。また一般的な風邪の症状も見られます。また小さお子様は稀に急性脳症状、高齢者の方などは肺炎などにかかり、重症になるケースがあります。

季節性インフルエンザと新型インフルエンザ

・季節性インフルエンザ
A型のインフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスの抗原性が小さく変化しながら毎年世界中の人の間で流行するのが季節性インフルエンザです。
・新型インフルエンザ
抗原性が大きく異なるインフルエンザウイルスが現れ、免疫がないことから全国的に急速に蔓延することによって起こります。いつどこで発生するのか予測できないため、一度発生すると大きな影響を与えかねません。

一度インフルエンザにかかると感染拡大予防もあり、出勤ができるまで約1週間ほど休まなくてはなりません。高熱で家で仕事もなかなかできませんし、様々な人にご迷惑をかけることとなります。そのためあなたが今できることは予防をすることになります。

インフルエンザ予防って何をすればいいの?

・ワクチン
会社でやってる人も多いのではないでしょうか。流行する前に事前に予防接種を受け、例え感染したとしても発症する可能性を低減させる効果がある他、重症化の防止にもなります。
・外出後の手洗いうがい
流水、石鹸による手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを除去するために有効であり、アルコール消毒も効果があります。うがいは水でもいいですが、緑茶で行うとより効果が望めるでしょう。
・外出時のマスク着用
多くの方が既に着用されていると思いますが、一つの防御策です。また人混みになるべく行かないようにするのが一番ですが、やむおえない場合はマスク着用を心がけましょう。
・適度な湿度の保持
空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、感染しやすくなります。乾燥しやすい室内では加湿器などを利用し適度な湿度に保つことが大切です。
・適度な休養とバランスのとれた栄養
体の抵抗力が落ちていては感染率ぐんと高くなります。そのため忙しい中でも抵抗力を高めるために十分な休養とバランスのいい栄養をとるように心がけて下さい。時間がない時、また付き合いなどでがついつい外食やコンビニごはんが続いてしまいがちですがそういう時こそ一食は野菜など栄養バランスを考えてとるといいでしょう。余談になりますがヨーグルトを30秒温めて食べると体にいいそうです。あと季節の物も積極的に取り入れたいですよね!

まとめ

3月まではインフルエンザのシーズンです。会社に加湿器を取り入れたり、電車に乗るときにはマスクを着用したりと今からでも遅くはありません。あなたが感染してしまうと社内に広まる危険性もあります。春はもうすぐそこです。油断せず乗り越えましょう!

引用元: http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html