みなさんは関わりある方々とどのようにコミュニケーションをとっていますか。コミュニケーションは簡単なようで難しいものですよね。仕事してる上で他人と関わること、コミュニケーションをとることは切っても切れません。また上司、部下、またお客様とのコミュニケーションのとり方一つでこれからのことが決まると言っても過言ではありません。ではどのようにすればいいコミュニケーションが取れるのでしょうか。

第一印象が大事!

人間関係やコミュニケーションをとっていく上で第一印象が大きな要となります。第一印象は会った瞬間に決まるとも言われていますし、2分で決まるともいわれています。メラビアン法則(1971年アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが説いた概念であり、話し手が聞き手に与える影響を数値化したものになります。)にのっとって見ていきましょう。

・視覚情報 55パーセント

見た目や表情、視線また手足の動きなどが挙げられます。TPOをわきまえた身だしなみや相手に警戒心を与えない表情はもちろんですが、しっかりと相手の目を見ることはとても大切です。また手や足の動き、つまり腕や足を組んでいたりどこかを常に触っている、爪を噛む、貧乏ゆすりなど無意識のうちにやってしまう癖には特に注意したいところです。 

・聴覚情報 38パーセント

声のトーンや大きさ、口調、また速さなどに注意をして下さい。またこれらは話す相手によって変える必要があります。相手のテンポに気を配りながら話すよう心がけるといいでしょう。

・言語情報 7パーセント

話す内容や構成によって決まります。7パーセントというと低い数値ではありますが、相手に何かを伝えるということにおいてとても重要な要素になります。また視覚情報、聴覚情報がいかに良くても言語情報が優れていないと他にも影響を及ぼし台無しなってしまう可能性があることを覚えておきましょう。

このように円滑な人間関係、コミュニケーションをとっていくにはまず第一印象をよくする事を心得なければなりません。視覚、聴覚、言語、どれもいい印象を与えられるよう普段から気を配っておく必要があります。

聞き手上手になろう!

会話が続くか続かないか、いい方向に持っていくか持っていかないかは聞き手次第になります。いかに話し手が気持ちよく話し、会話を盛り上げるかがポイントです。これにより、話し手は達成感と満足感を感じられます。

・話を受け止める

話し手が話すことをそのまま受け止めて話を聞くようにしましょう。他のことに気をとられたり、また頭の中で自分の意見を考えたりせずに集中して話に耳を傾けるようにしましょう。そして興味を持つようにします。そうすると自然と頷きなどの動作も加わり相手にもいい印象を与えます。

・質問をする

聞き上手であっても聞き手からの質問がなければ会話は終わってしまいます。相手とより深い会話、関係性を持つためにも質問は必要不可欠です。事前に準備できればいいのですか、毎回そうもいきません。質問に困った場合は”詳しい”ことを聞いて見たり、”具体的”にどういうことなのかを聞いてみるといいでしょう。

また共通点を見つけ話題にするのもいいですね!出身地や趣味など会話を盛り上げるキーワードを話の中から見つけ投げかけて見て下さい。

まとめ

すぐに実行できるようなコミュニケーション能力をあげるポイントがたくさんあります。あなたの少しの気配りで周りの環境も変わるかもしれません。また人と関わるのであればいい関係性を保ちたいですよね。まず第一印象から気をつけて、聞き上手になって下さい。きっとコミュニケーション能力がアップすることによって周りの環境も自ずと変わってくるはずです!